[イナダ編]三浦半島秋の青物〜磯復活も未練が、、

お祭り楽しんでますかーー。毎日、場所取りするのではなく釣れたら次の日は譲る気持ちがあると良いですね。

僕の方は、今日から青物を探すいつものスタイルへ

コンディション

北6-8m/s
160cm-170cm,170cm-160cm 
一箇所目:腰 二箇所目:フラット
水温 http://sui-kanagawa.jp/Kaikyozu/KantoTokai/20201019.html
場所 三浦半島磯、サーフ

釣果

一昨日磯チェックした限りベイトの寄り、舟の位置などから期待できると想定

サーフ側に人が寄ってるので磯は人がいないだろうとのんびり行ったが、入磯した時には3名のルアーマンがいて、思ってたより混んでた。(ってか混んでないけど)

個人的には昨日ここで爆ってると思っていたので、継続しているかの確認。

夜明けと共に、サーフで一大ブームになってる?パンチラ130でスタート

(余談:最近、スナップ付けずにラインをルアーに結んでる。1つのルアーを学ぶ覚悟の意味で)

キャストして五投目くらいの表層ただ巻きで、

ゴン

のらず、

他の個体が食いつくか巻かずに待つ。

ゴン

のった

ここ最近、80cmクラスのシーバス、ワラサを相手にしていたので、ゴリ巻きレベルを間違えて、イナワカレベルをスキッピング 回収w

ちょうど40cmくらいかな。

大物かぶれをしてるので、このサイズはリリースサイズというのは嘘で、

隣にいた人にプレゼントして

パンチラでレンジ、アクション色々探るも、その後1バイト、周りも一本も上がっておらず、渋々。

潮止まりということもあり、下げがきき始めれば、釣れそうだが、

先日のブリクラスを忘れられず、サーフへ移動

下げ始めから開始し、

しばらくすると

ゴン

のらず

の繰り返し。。

パンチライン130をやっていて思うのが、イナワカくらいの大きさだと純正のフックだと大きすぎるせいか、のらないことが多い。イナワカクラスを確実に仕留めるならフックサイズを下げるなどカスタマイズは必要。(でも魚からの反応はとても良い)

8時半くらいまで投げるも残念ながらやつは現れなかった。。

帰り際、1年ぶりにDUELのKさんに久しぶりにあい、まずめの状況や周りの状況などの情報交換をして本日は終了。

考察

磯の状況、感覚が正しければ昨日は低気圧後の高活性で爆っていて、今日はいつものハグレ青物に戻ったのかな?と

となると明日以降のコンディションから考えると磯もハグレを拾う釣りになりそう。

サーフの方は、まずめの回遊はあるがこちらもかなり地合い短い。それ以外の時間帯では単発ボイルが起きている場所もあるがルアー通せば釣れるようなイージーさはない。

さて、明日どうしよう。その前に嫁にどうやって許可を取ろうかしら。。

本日のルアー

アピア ルアー パンチライン130#02 イワシ

本日のタックル

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド OVER THERE AIR 103MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 5000 カルディア(2018) LT5000D-CXH

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。