三浦半島のカマス数釣り入門

ツイッターとかブログアクセス数などの反応を見るとカマスの数釣りに興味がある人が多い。カマス美味いからねw

2,3年前にかなりやり込んだのでそのノウハウを今日はカマス数釣り布教活動しようと思う

今回はジグサビキ使わなくても数釣りできる今の三浦半島の釣り方を今、僕がわかってる範囲でお伝えしたい

カマスが釣れる場所

三浦半島は東西南北広いのでどこ行けば良いか悩む所。正直今はどこでも釣れるが、狙って数釣るのは難しい。

となると何を頼りに探すかと言うと1番わかりやすいのがカマス舟

夜明け前から磯に入ると岸に近いところでライトで明るい小舟がいる。魚影の濃さはこれで判断すると良い。

カマスが溜まる場所を探す

僕の感覚だけで言うと巻きで釣れるカマスは回遊してる個体か溜まってるポイントからチェイスしてきたカマスだと思ってる。

逆にフォールで食うカマスはそこに溜まってるカマスと勝手に認定w

なのでまずやる事はランガンしながら、カマスが食う場所を探し、食うラインを見つけたら、そのラインをリフト&フォールをさせて食うポイントを特定させていく。フォールで食うピンが見つかればそこを中心に攻める感じ

スレ対策

カマスはとにかくすぐスレる。溜まっててもいっきに釣れるのは高活性な日だけで、2匹釣ったら暫く時間空けたりルアーチェンジすると良い

時合の時間

過去のカマス数釣りから、カマスって時間と場所に正確。特に朝マズメ、夕マズメがチャンスタイム。ただ、真っ昼間でもスーパー時合があるのでやはりまずは溜まってる場所を見つけて時合の時間を探る事をオススメ

ルアーチョイス

個人的には広範囲で探るためにメタルジグがオススメ

メジャークラフトであれば、ジグパラ系の小さいスロー系ルアーもあるので良いかと。僕はジグパラサーフ28gがフォールでも巻きでも食うし、バラシも少ないのでオススメ

まとめ

どうしても青物、シーバスと比べると釣りごたえ、ゲーム性ないカマス釣りだけどこの時期に食べられる貴重なターゲットなので是非、お試しください