三浦半島メバリング〜磯開拓編

今年もよろしくお願いします。

年始釣行はメバリングから。

前回、尺メバルを釣ったポイントを中心に風、波、潮の時間をずらしながら偶然釣れたを確信に変える作業。

回遊なのか溜まり系なのか。

しっかり攻略することで

三浦半島東西南北とポイントがあるので風を交わしながらもしっかり釣果をあげることができるようになる。

ちなみに僕の課題はソコリ付近。

浸かりながら釣りするのが苦手なので浸からずにソコリ攻略。

これがこの冬のテーマ

コンディション

南西9m/s,北8m
130cm-145cm-80cm  中潮
場所 三浦半島色々

釣果

まずは尺ポイントへ明るい時間から入磯

波、風強く。

中々、ポイントが絞りづらい。

メバルが入ってきそうなポイントを見て回るも

風の方向、荒れた波で厳しい。

残念ながら、ポイントは諦め、波を交わしそうな磯へ移動

ここで想定外の出来事

風でラインが流されに流され、

僕の魚群探査機( 澪示威 SOLID 40S)を三つもロスト。。

これは痛い。

開拓するには実績のあるルアーがモチベーションを維持する上で不可欠。

モチベーションの低下と共に時間を見ると

19:10

地合いになんとか間に合う

とりあえず、開拓は諦め、確実な釣りへ変更

現地到着して潮位を見ると若干早いが、待ってれば周ってくる時間

さらに波もあり、お魚の活性は高いやつ

魚群探査機はなくてもdover46sで釣れた実績あるのでスタート

暫くランガンしながらやってると釣り仲間からメバル上がったと連絡

早速そっちに移動して、

投げるも反応なし、

釣り仲間がワームで2本目追加

おい

さらに釣り仲間がワームで3本目追加

こら

ダメだ、dover46の食わせ方わからん。

魚群探査機がないのが辛い。。

でも釣りの幅を広げるためにもノースナップの覚悟で投げ続ける。

なんとか1匹。22cmくらい

その後も2バイトあるも回遊時間が終わりに近づき納竿

したとたん

目の前にシーバス

えっこのタイミングで周ってくるの??

今年もメバルしか釣れない男の名は変わらずのようで。。

考察

適度な荒れ、適度な濁りはメバルの活性はやはり高いポイント

そして潮位にとても素直(回遊回数は5、6回)

さらにメバルが抜けた後にシーバスが周ってくるのかもと

今後の期待も拡がる釣行だった。

タックル

ロッド:

 シマノ(SHIMANO) パックロッド ボーダレス ショートスペック 180L-T

リール:

 ダイワ リール ’17月下美人 AIR 2003