三浦半島メバリング釣行

今日は夜に21:00台に下げがくる苦手な潮周り。

苦手は、行動しないと克服できない。

ということで、下げいっぱいが21時台なので、その時間から調査

今日は三浦半島西側から調査。

google mapで気になってた場所をチェック。

風がまだ強く吹いているが、よーく見るとライトが3つ着いたり消えたり、ウェダー着て3名の釣り人(多分)がいるではないか!

この場所は、比較的浅く、引くと磯が露わになるので磯伝いに奥まで行ける。

ただ、初めての場所だし、明るい時に地形みないと怖いので入らず、暫く観察して移動。

次の場所は沖にテトラがあって、引くと沖のテトラの方まで歩いていける所。

さっそく奥まで歩いて、テトラ付近まで歩けた。

プラグで20投くらいしたが、反応なく、終了。

そんなこんなで時間が経ち、潮も少しずつ増えてきたので、実績のある砂場へ移動することに。

着いた時は23:00。少し着くのが早すぎた。

潮が足りない。着いた時は感覚的には50cmくらい足りない感じ。

少し投げてみたが、釣れるわけがない。

ってことでプラグ投げながら地合い待つと擦れそうだし、潮が条件満たすまでの間、5分置きに数等投げることで地合いのタイミングがわかりそうなので、睡魔と戦いながらそんなやり方を。

で少し潮が少ないが、条件は整ってきたので実績のあるプラグ澪示威 SOLID 40Sでランガンしながら本格スタート。

結論から言うとまだ潮が少なかったせいで根がかって、ロスト。。

最悪。。

いつもなら心が折れて終了するが、、

今日は違う。

で他の実績のあるルアーにしていると

ようやく来た。:潮の量も良い感じ。

今日のはかっこいい。

22cmくらい。

でこの写真、実はネタがあって。

そこそこサイズになるとメバルってつがいで行動してる説を勝手に思っていて、釣り仲間と行くとほぼ高確率でデカメバル釣ると仲間も釣るケースが多い。一人で行くとどうしても写真撮影して、tweetしてなんだかんだ3-5分くらい過ぎてしまう。

なので、今日は釣ってすぐメバルさんには口パクパクさせながらも待機頂く。

10投以内に来れば、つがい説に希望が。

で結局はバイトすらなく、写真撮影してリリース。

サイズが22cmくらいだったので25overで今度、また確かめてみます。

< p style=”background-repeat: no-repeat; box-sizing: inherit; margin-top: 36px; margin-bottom: 36px; font-size: 18px; line-height: 36px;” name=”HAw3B”>そのあと、15分ほどランガンしながらやるも、今日の砂場は濁りがキツイからなのか、バイトすらなく終了。

ってことで今日は新しい下げの時のポイントとなりそうな所も発見したので、釣果は少なかったが収穫ある釣行でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。